包茎手術ランキング「徹底比較で評判の良いクリニックを教えます!」

【包茎手術体験談9】包茎手術から2週間後の状況(抜糸)

 

包茎手術後1週間もすると、痛みや違和感は
ほとんど感じなくなっていました。

 

出血も完全に止まってましたし、
患部もかなり安定してきてるようでした。

 

 

少しずつ良くなってることが実感できる時期です!

 

 

実際のところ・・・

 

 

ふつうに会社に出勤して仕事してましたが、
特に問題はなかったです。

 

 

しいて言えば、まだ包帯を巻いてたので、
トイレでは個室に毎回入ってました。

 

それが、他の人から不自然に思われないか
少し気になったところです。

 

 

他の人と同じタイミングにならないようにして、
コソコソとトイレに入るようにしてました(笑)

 

 

包茎手術から2週間は、
包帯を巻いたり、薬を塗ったりしないといけないので、
ちょっと大変に感じる時期です。

 

 

でも、最終的な仕上がりを左右する、
とてもデリケートな時期だと思いますので、
傷口をていねいに扱うようにしましょう。

 

 

そして・・・

 

 

包茎手術から2週間経過、いよいよ抜糸です!

 

 

包茎手術から2週間たつと、
いよいよ抜糸することができます。

 

 

クリニックで先生に患部を見ていただき、

 

「順調ですね。傷口はキレイですよ。」

 

って言ってもらったときは、
ホッとしましたし、素直にうれしかったです。

 

 

抜糸は5分程度で、すぐに終わります。

 

ベッドに横になって、
ハサミでパチンパチンと切ってもらいます。

 

ハサミを入れるのに糸を引っ張ったりするので、
ちょっと痛いですけど、がまんできないほどじゃないです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

溶ける糸を使ってもらえば抜糸は必要ありません。

 

遠方に住んでる方など、通院が大変な場合は、
溶ける糸を使ってもらうようにお願いしておきましょう。

 

 

糸の種類によるメリットとデメリット

 

糸の種類 メリット デメリット
ナイロン糸
(抜糸必要)
  • 仕上がりがキレイ
  • 抜糸のついでに医者に患部の状態を見てもらえる
  • 来院する必要がある
吸収糸
(抜糸不要)
  • 来院する必要がない
  • 来院しないので医者に患部を見てもらえない
  • クリニックによっては値段が少し高い場合がある

 

私は、術後の経過を診察して欲しいと思ったので、抜糸が必要な溶けない糸を使ってもらいました。以前は、抜糸する方が仕上がりがキレイになると言われていたみたいですが、現在ではどちらの糸でもそれほど差はないそうです。

 

 

ちなみに、抜糸した後は、
お風呂で湯船につかることもできます。

 

あったかいお湯にゆっくりつかれば、
疲れもとれてリラックスできますよね!


掲載クリニック一覧

※分かりやすい比較表はこちら
※お近くのエリアを検索するならこちら