包茎手術ランキング「徹底比較で評判の良いクリニックを教えます!」

【包茎手術体験談3】包茎手術前日までの心の準備

 

新しいことにチャレンジするときには、
必ず高い「壁」が存在するものです。

 

包茎手術の場合だと、
無料カウンセリングの予約を入れるまでが、
最初の高い壁と言えるかもしれません。

 

 

逆に・・・

 

 

予約を入れることさえできれば、
「ひとつ壁を超えた!」という感覚で、
あとは流れに身を任せるだけですね!

 

 

【前の記事】包茎手術の無料カウンセリング予約申し込み

 

 

私の場合、予約を入れてから実際の手術までは
1週間近くあったんですが、

 

とにかく一歩進んだという安心感と満足感で、
意外と平常心で過ごすことができました。

 

 

とは言っても・・・

 

 

 

 

さすがに手術前日の夜くらいからは、
かなりドキドキ感が出てきました。

 

期待と不安の両方が入り交じった、
なんだか不思議な感覚でした。

 

「失敗しないかなぁ?」
「痛くないかなぁ?」
「やっぱ、怖ぇーなー」

 

こんな感じで、正直、
不安な気持ちでいっぱいだったんです。

 

 

とは言っても・・・

 

 

もうやるって決めたわけだし、
この段階でネガティブなことばかり
考えていても仕方ないですよね?!

 

とにかく気持ちを切り替えて、
包茎手術後の楽しいことを考えるようにしました。

 

 

包茎手術して、ペニスの皮が無くなったら、
例のギャルをデートに誘って、エッチして・・・

 

そんなことを考えながら、とにかく不安な気持ちを
頭から吹き飛ばすようにしたんです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

包茎手術で一番大変なこととは?!

 

 

真面目な話として聞いていただきたいのですが、
包茎手術すると1ヶ月近くオナニーできません。

 

 

つまり、スケベな煩悩(ぼんのう)を消し去って、
清らかな無心の境地で生活しないといけないということです。

 

 

しかし・・・

 

 

私はハッキリ言って煩悩だらけのスケベ人間です。
1ヶ月もオナニーできないのは、けっこう大変なことです。

 

ということで、前日の夜は、お気に入りのAVを見ながら、
包茎生活最後のオナニーをたっぷりやりました。

 

 

ペニスの皮をとっちゃうと、それまでのような
皮オナニーはできなくなります。

 

皮オナニーのやり納めってことで、
それなりに感慨深かったです(笑)

 

 

手術後1ヶ月間のオナニー禁止について

 

術後2週間くらいは、傷口が完全にはふさがっていないので、包帯を強く巻いたままで過ごします。そのせいで、勃起するとけっこう痛いです。痛いので、自分の意志で勃起させようという気にはならないのですが、問題は、「朝起ち」という自然現象です。

 

これは自分の意志ではどうしようもなくて、毎朝「イテテッ・・・」ってなってました。ただ、こればっかりは仕方がないので、とにかくがまんするしかないんですよね。

 

ちなみに、ペニスをしごくオナニーは、傷口が安定していない状態でやってしまうと、傷口が残って目立つ可能性があるそうです。せっかく傷口が目立たないように切ってもらっても、オナニーして傷口が目立ったら意味がありません。ちょっと大変だと思いますが、オナニーはとにかくがまんするようにしてください。


掲載クリニック一覧

※分かりやすい比較表はこちら
※お近くのエリアを検索するならこちら