包茎手術ランキング「徹底比較で評判の良いクリニックを教えます!」

【包茎手術の基礎知識3】包茎のデメリット

 

特に「仮性包茎」の人は、包茎を治療することなく、
そのまま放置してしまいがちではないでしょうか?!

 

というのも、仮性包茎は包皮を手で剥くことができるため、
日常的なオナニーやセックスでそれほど不自由さを感じないからです。

 

 

しかし・・・

 

 

たとえ仮性包茎であっても、包茎をそのままで
放置することはおすすめできません。

 

なぜなら、包茎をそのまま放置すると
将来的にいろいろなデメリットがあるからです。

 

 

ペニスが不潔になる!

 

包茎のペニスはとても不潔です。

 

排尿したときの残り尿が亀頭部と包皮の間に
溜まってグチョグチョになってしまうからです。

 

 

さらに、亀頭と包皮の間に、いわゆる「チンカス」と呼ばれる
チーズ状の恥垢(ちこう)がたまりやすくなります。

 

特に、お風呂に入ったときに、包皮をしっかり剥いて
亀頭を直接洗う習慣のない人は、恥垢が大量にこびりつき
強烈な異臭を放っていることさえあります。

 

 

このような状態では、セックスのパートナーに失礼ですし、
ビジネスの現場でクライアントから「こいつクセーな!」と
思われているかもしれません。

 

 

誰かに見られると恥ずかしい思いをする!

 

私自身、接待ゴルフのあとのお風呂が
とても苦手でイヤでした。

 

日本人はほんとにお風呂好きなので、
包茎の人間にはとても厳しい環境だと思います。

 

 

そして・・・

 

 

もし仮に、誰かに自分の包茎ペニスを見られて
しまったとしたら、

 

その場で笑われるかもしれませんし、
他人に言いふらされるかもしれませんし、
「ホーケイくん」などというカッコ悪い
あだ名を付けられてしまうかもしれません。

 

 

とにかく、包茎を放置しておくことは
非常にリスクの高いことではないでしょうか。

 

 

心にコンプレックスを抱えたままになる!

 

包茎は、お風呂などでしっかり隠すことができれば、
誰にもバレずに人生を送れるかもしれません。

 

 

しかし・・・

 

 

自分自身の心の奥深くに、
コンプレックスとして残り続けることは事実です。

 

そして、包茎のコンプレックスが原因で、いろんなことを
あきらめてしまったりして、積極的に人生を楽しむチャンスを
失ってしまうかもしれません。

 

 

人生をより良くするために、
包茎はそのまま放置するべきではありません。


掲載クリニック一覧

※分かりやすい比較表はこちら
※お近くのエリアを検索するならこちら