包茎手術ランキング「徹底比較で評判の良いクリニックを教えます!」

【包茎手術の基礎知識2】包茎の種類とは?

 

包茎は大きく分けて3タイプあります。

 

 

最も多いのが「仮性包茎」で、通常時も勃起時も
手で包皮を簡単に剥くことができます。

 

日常生活(性生活)に問題はないのですが、
不潔になりやすく、ニオイが非常にきつくなってしまったり
皮膚炎や性病のリスクが高まったりします。

 

 

残りの「カントン包茎」や「真性包茎」については、
包皮がペニスをきつく締め付けることがあるため
日常生活(性生活)に支障をきたすことがあります。

 

特に、真性包茎はそのまま放置することはできず、
必ず手術する必要があります。

 

 

以下、それぞれの包茎について整理しておきます。

 

 

状態

説明図

コメント

正常

通常時

大人の正常なペニスは、通常時から亀頭が露出しています。

勃起時

大人の正常なペニスは、勃起時も亀頭が露出しています。

【1】
仮性包茎

通常時

仮性包茎のペニスは、通常時はペニス先端まで包皮に覆われています。ただし、手で剥けば亀頭を露出させることが可能です。

勃起時

仮性包茎のペニスは、多くの場合、勃起時には自然に亀頭が露出します。ただし、包皮が多めに余っている人の場合だと、勃起時にも自然には露出しないことがあります。

【2】
カントン
包茎

通常時

カントン包茎のペニスは、通常時にはペニス先端まで包皮に覆われています。手で包皮を剥くことができるケースが多いですが、包皮がややキツイため、亀頭先端しか露出させられないケースもあります。

勃起時

カントン包茎のペニスは、勃起時にも亀頭を十分に露出させることができません。あるいは、露出させることができたとしても、ペニスをきつく締め付けてしまい、痛みを感じるなど弊害があります。

【3】
真性包茎

通常時

真性包茎のペニスは、包皮口が非常に狭かったり、包皮と亀頭が癒着してしまったりしていて、手で剥くことができません。

勃起時

真性包茎のペニスは、勃起時にも包皮がペニス先端まで覆っています。亀頭が十分に成長できないため、正常な性行為が難しく、一般には手術の必要があります。

掲載クリニック一覧

※分かりやすい比較表はこちら
※お近くのエリアを検索するならこちら